虹色の書庫

「カメラはじめます!」ネタバレ読書レビュー

プロローグ

f:id:tamahiro7:20200430233952j:image

一眼レフカメラをフリマで購入したのですが、それまではコンパクトカメラか、携帯、スマホのカメラでオート撮影中心で、操作したところで撮影モードを遠景とか夜景、ポートレートなどに切り替えてたぐらいだったのでマニュアル的な操作がわかりません。

アートな写真が撮りたくてマニュアル操作を覚えようと思いインターネットでその都度調べていこうと考えてましたが、この本を書店で見つけデザインに惹かれ読んでみることにしました。

あらすじ

作者のこいしゆうかさんが、写真が上手くなりたくて、フォトグラファーの鈴木知子さんの監修の元に手ほどきを受けながら、徐々に撮影方法をマスターしていき、最後は思った様な写真が撮れる様になるお話です。

ひたつづつ段階を重ねながらわかりやすく構成されています。

本の帯のとおり、「覚えることは3つだけ」でひととおりの一眼レフの撮影ができるようになります。
それもきれいな写真がおどろくほど簡単に撮れるようになりました。

もともと一眼レフは性能が良くいい写真が撮れるようにできているので、操作の仕方さえわかれば撮れるようになるのですが、この本はわかりやすくシンプルに教えてくれます。

また構図等もっと基本的な撮影テクニックについても書かれているので、スマホでの撮影にも応用ができます。

感想

イラストレーターでアウトドアコーディネーターのこいしゆうかさんご自身のイラストと、写真で構成されています。

ご自身の体験を自分の絵で表現されているので、漫画だけどリアリテイがあり、実際に写真が上手くなりたいとの思いと撮れるようになっていく喜びと最後は思った様に撮れる様になった感動が伝わりました。

カメラのマニュアル撮影は難しいイメージがあったけど、この本を読み基本の3つを覚えたらとりあえずマニュアル撮影できるという内容は難しいという固定観念を破ってくれてカメラやレンズの仕組みが無理に覚えようとしなくても自然と頭に入り、読み終えた今では読む前の未知な領域という感覚がすっかりなくなりました。

本の内容を完全マスターした訳ではないけれど基本概念が頭に入っただけで一眼レフの写真撮影が楽しい物に変わりました。

本を買わずにその都度インターネットで調べながら覚えていたらもっと時間がかかったかわからないままでオート撮影に頼るか、挫折したか、そうでなくても今程気軽に操作できてない様な気がします。読んで良かったです。

エピローグ

f:id:tamahiro7:20200505210456j:image

一眼レフは初めての私に作者の一眼レフを覚えたいというストーリーが重なりストーリーと同時進行の様な感じで読んでいけて一種のバーチャルリアリテイの様な感じでした。

最後までご覧頂き ありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天 MY ROOM

にほんブログ村

  • この記事を書いた人
アバター

tamahiro7

-虹色の書庫

© 2020 nijiiromagic Powered by AFFINGER5