アクアリウム

メダカと金魚のアクアリウム

ビオトープからアクアリウム

職場で黒メダカの稚魚茶和金の稚魚をもらったのをきっかけに、その日の帰りにメダカ用睡蓮鉢を買い、素人ビオトープを始めたのですが、家が狭くベランダもせまいので、キッチンのテーブルの上が定位置になってました。

飼っている内に日当たりが悪すぎると思い、外で飼う分には良いですが睡蓮鉢は上からしか光が入らないので、水槽に替えビオトープからアクアリウムへ変更することにしました。

最初はもらった稚魚が数匹☆になり、数を増やす為に数匹色々な種類のメダカを増やしました。

水槽アクアリウム

 睡蓮鉢はGEXの370という製品で水の容量gは12リットルでしたので、同じ位の容量が欲しいと思い、容量13リットルの水槽を買いました。
隔離用に買った水槽にはロカボーイSというポンプがついてましたが、使わずに水草で対応し、300水槽の方はポンプがセットになってない水槽を購入しました。
この水槽は高級感はあるのですが、置いているテーブルの高さが高く、水槽も高さ25センチあり、角がガラスなので圧迫感がありますが、大きさはジャストサイズです。
隔離用の為に購入した200サイズの水槽はふちが白いプラスチックで威圧感がなく高さも20センチと我が家のテーブルに置くには丁度いいサイズですが、ろ過ポンプと水草を入れると、やや狭いです。

水槽の水草

睡蓮鉢では最初ホテイ草をいれましたが、日当たりが悪くすぐにだめになるので、マツモを浮かべました。マツモは水中に立てても浮かべても良くホテイ草からの流れで浮かべました。その後アナカリスを投入しました。アナカリスの方は立ててます。一緒にいるタニシやレッドラムズホーンやミナミヌマエビが良く上ってます。

現在の水槽の中の品種

現在は3か月前に初めてやってきた金魚(和茶金)2匹と追加でやってきた楊貴妃メダカ1匹、錦秋メダカ1匹、緑光メダカ1匹、一番の新入りの白メダカ1匹です。
最初にもらった黒メダカは少しずつ☆になりいなくなりました。和茶金の内、1匹も☆になりました。
いちばんのケンカ好きは楊貴妃で、錦秋とペアにしました。オレンジコンビです。
最初からいる和茶金は特にすごく懐いてくれて今までの魚に対する概念が変わりました。

メダカと一緒に飼える仲間

同居している仲間はタニシ、レッドラムズホルン、ミナミヌマエビです。
3種類共、水槽内をきれいにしてくれます。
最近、入居したミナミヌマエビは水槽のメンテナンスの時に見つけにくそうで躊躇してたのですが、飼って良かったです。すごく動きがかわいくてユーモラスです。たまにこちらを見ています。
当初、ホテイ草に付いてたサカマキ貝が繁殖し、数を増やしていき、素人なので放置しようと思ってたのですが、このままでは大変なことになりそうで、特に卵がゼリー状で見た目と水の衛生面でも良くないので駆除しました。メダカとは相性のいい生き物が多いのですが、金魚は体が大きいのであまり小さい生き物は食べられます。今いる和茶金はまだそこまで大きくないですが、もう少し大きくなったら他の水槽へ移そうと思います。
この中で金魚とも相性がいい生き物はタニシです。タニシはオスとメスの組み合わせ2ペアで少しずつベビーが増えています。

底床

当初家にあった園芸用の赤玉土を使ったのですが、投入し水が透き通るまで時間がかかり、メンテナンスも大変です。
多孔質でろ過バクテリアの住処になりやすいのですが、土が汚れると土ごと替えざるを得ません。
そこで砂利に替えました。珪砂という商品です。替えたばかりですが、洗って投入しても水がにごらず使いやすくていいです。メンテナンスもそのまま洗えばいいのでやりやすいです。

まとめ

まだまだアクアリストとしては初心者ですが、すこしずつやり方を覚えて、家にきてくれた魚さんたちが幸せにくらせるようにがんばり、長生きしてもらおうと思います。

最後までご覧いただき ありがとうございます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

おうちで映画ざんまい

お気に入り商品あつめました

amazon


参加してます

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人
虹色ヒロ

虹色ヒロ

ご訪問ありがとうございます。 投稿数増やすようにがんばります。 よろしくお願いします!

-アクアリウム

© 2020 にじいろまじっく Powered by AFFINGER5