スポンサーリンク

モバイル

auからUQへ乗り換え その後のレビュー

スポンサーリンク

はじめに

auからUQへ変更して半年経ち、変更してわかったメリット、デメリットを記事にします。

auからUQへ

去年10年以上契約してたauから去年UQへsim変更しまして、半年以上経過したので感想をレビューしたいと思います。
きっかけは知り合いがBIGLOBEモバイルを使ってて、その時に「格安sim」というものを知りました。
auから替えるつもりはなかったのですが、ミニマリストのように無駄な物ははぶいていこうと思い立ち、料金は安い分サービスもシンプルな格安simにしようと気持ちが変わっていきました。

格安simって何?というあなたへ

格安simをご存知でない方へ、簡単な解説を書いておきます。スマホ(スマートフォン)の中に入っている小さなカードの事をsimカードといいます。このカードを入れないとスマホが使えません。docomo 、au、ソフトバンクの3大キャリア以外の業者は、通信手段を大手キャリアの回線を使いスマホ本体の内部のsimカードのみを販売し契約しています。このカードをお手持ちのスマホの中に入っているsimカードと入れ替えることで、元のキャリアから移行できます。

やりかたは簡単だけど手間がいる

大手3大キャリアは実店舗で契約する事が一般的ですが、数社ある格安sim の業者はインターネットで契約し郵送でsimカードが送られてきて、ご自身でカードの交換をします。
この時に電話サポートのサービスを利用し電話でオペレーターからやり方を聞きながら進めるとよいでしょう。
格安simの業者のなかでも大手のYモバイルは実店舗を持っていて実店舗での契約購入も選べます。UQモバイルも実店舗が存在しますが、店舗数は少ないです。

格安simのメリット

なんといっても料金の安さですね。
それと過剰なサービスがないのもメリットといえるかもしれません。auの時は毎月3のつく日は三太郎の日というイベントで、マクドナルドやミスタードーナツの特典があり、楽しみではありますが、そこで特典を使わなければ損なような気になり3太郎の日はよくミスドやマックに並びました。
しかしそこで、お得感を味わってもそれ以上に格安simにした方がお得です。

格安simのデメリット

通信速度が時間帯によって不安定です。通信が集中するお昼。夕方、そして深夜帯で極端に速度が低下します。
UQはauの回線を利用していて、どの業者も大手3キャリアの回線を利用しています。通信が集中する時間帯は大手キャリアが優先して利用して空いている部分を使っているのでどうしても速度が落ちます。Yモバイルだけはソフトバンクの回線と自社の回線を併用しているので、その傾向は低いかもしれませんが、他社の格安simより少し月学料金が高いです。

結論

UQだけに留まらず、格安sim全社に通じることですが、過剰なサービスより実際のお得感を味わい通信料金を少しでも押さえたい方にはお勧めします。
しかし多少の低料金より通信速度にこだわり、快適にスマホを使いたい方には大手3大キャリアの方が気持ちよく使えるでしょう。
ですが、使えない程通信速度が遅いわけでもなく、新しい波にのってる感も味わえるのでご自身でインターネットによる設定などが苦にならない方なら一度、試してみる価値は十分にあるといえます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

UQ mobileへご興味をお持ちの方はこちらから

ランキングに参加してます。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

tamahiro7

ご訪問 ありがとうございます。 ブロガー初心者のおじさんです。 よろしくお願いします。(╹◡╹)

-モバイル

© 2020 nijiiromagic Powered by AFFINGER5