カー情報

ホンダe 電気自動車の未来

出典:Honda

デザイン

デザインはホンダN-ONEにも似たかつてのN360や、初代シビックを思い出すホンダ特有の台形の2ボックススタイルで安心感を感じます。

しかし細部を良く見るとクラシカルでかわいくもあるヘッドライトはリング状のLEDでデイタイムランニングランプなど最新の機能が装備されています。

出典:Honda

リアランプ周りフロント周りのデザインを統一することで、ボディ全体の一体感を演出しています。

出典:Honda

ドアハンドルは普段はボディと一体化し、使う時だけポップアップします。

出典:Honda

サイドミラーはカメラ付きが全車標準装備です。一見サイドミラーが付いてなくミラーの一部だけくっついている様に見えます。

出典:Honda

これはサイドカメラミラーシステムとホンダが名づけた新しいシステムで、量産車では世界発の標準装備です。このシステムはレンズに撥水加工されているので、水滴や窓のくもりによる悪影響を受けない画期的なシステムです。
ルームミラーもセンターカメラミラーシステムというシステムと通常のミラーに切り替えて使う事ができます。

今後車のミラーはこのシステムが標準になりそうです。

ホンダのデザイン独特のサイドのプレスラインを入れない手法で、プレーンに仕上げています。

全体的にホンダの2ボックスデザインの正常進化といったところでしょうか?

インテリア

出典:Honda

ダッシュボードには5つのスクリーンが水平配置され、今までの車の内装デザインと一味ちがいます。

並んだスクリーンが未来的と言えば未来的、だけど全体に水平基調なデザインなので、どこかリビングにいるようなくつろぎ感も感じます。
この感じはエクステリアデザインとも共通するものです。

出典:Honda

音声認識アプリを導入し、「OK,Honda」と声をかけるとパーソナルアシスタントが反応して質問に答えてくれます。

出典:Honda

性能・安全

予防安全性能

安全運転支援システムHonda SENSINGを標準装備しています。

政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているセーフティ・サポートカー(サポカー)サポカーS〈ワイド〉に該当し65歳以上の高齢者が購入する場合、補助金10万円が支給されます。

衝突安全性能

出典:Honda

ポップアップフードシステムという歩行者との衝突の際にボンネットフードの後部を持ち上げ、歩行者の全面ガラスでの頭部の衝撃を低減する装置がついています。

さらに側面衝突に備えたサイドエアバッグ、頭部や頸部への衝撃を緩和するサイドカーテンエアバッグを標準装備しています。

航続距離・環境性能

出典:Honda

35.5kWhのリチウムイオン電池を搭載しています。先行販売している電気自動車リーフに比べて数値が低いですが、その分を低価格とスペースの利用に割り切ったコンセプトです。

出典:Honda

30分で満充電量の80%を充電できます。

充電中でも車内の機能を使い快適にすごせます。

出典:Honda

走行性能

出典:Honda

駆動方式はRR(リアモーター・リアドライブ)方式で、モーターがボディ後方(リアアクスルより後方)に位置し、駆動輪もリア駆動です。
フロントボンネット内には充電給電関連のパーツをあつめています。
バッテリーは床下に収めています。

FF(フロントモーター・フロントドライブ)方式の先駆者であるホンダの思い切った決断ですが(このモーターとはエンジンの意味です)、ホンダのMM思想(マンマキシマム・メカミニマム)を突き詰めた結果なのではと思います。

 

RR方式の恩恵でステアリングが大きく切れるため、最小回転半径4.3mを実現し小回り性能が高いです。

走行モードは「NOMAL」と「SPORT」の切り替えができます。

アクセルペダルを緩めるとブレーキがかかる「シングルペダルコントロール」でも運転できるようになっています。
その際の減速度をステアリングを握ったまま4段階に変更できる「減速セレクター」がついています。

 

まとめ

出典:Honda

この車のデータや装備、性能を見てもうここまで電気自動車の時代がやってきたのかと改めて感じました。もはやエンジンが付いた車はテレビでいうブラウン管のように旧世代になる時がそこまでやってきている気がします。

最後までご覧いただき ありがとうございます。




スポンサーリンク

スポンサーリンク

おうちで映画ざんまい

お気に入り商品あつめました

amazon


参加してます

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人
虹色ヒロ

虹色ヒロ

ご訪問ありがとうございます。 投稿数増やすようにがんばります。 よろしくお願いします!

-カー情報

© 2020 にじいろまじっく Powered by AFFINGER5