情報ステーション

格安スマホ(シム交換)のメリット、デメリット

はじめに

auからUQへ変更して半年経ち、変更してわかったメリット、デメリットを紹介します。

auからUQへ

去年10年以上契約してたauから去年UQへsim変更し、半年以上経過したので感想をレビューしたいと思います。
きっかけは知り合いがBIGLOBEモバイルを使ってて、その時に「格安sim」というものを知りました。

料金は安い分サービスもシンプルな格安simにしてみました。

格安simとは

スマホの中に入っている小さなカードの事をsimカードといいます。このカードを入れないとスマホが使えません。docomo 、au、ソフトバンクの3大キャリア以外の業者は、通信手段を大手キャリアの回線を使いスマホ本体の内部のsimカードのみを販売し契約しています。

このカードをお手持ちのスマホの中に入っているsimカードと入れ替えることで、元のキャリアから移行できます。

キャリアが変更になる場合、スマホがsimフリーの機種だったらスムーズに移行できますが、大手3大キャリアが取り扱っている機種はsimにロックがかかっているので、MNPで電話番号が変わらないように手続きする際にキャリアにsimロック解除もたのみます。

窓口でおこなう場合、手数料がかかりますが、ウェブ上で自分で行えば無料です。

困った時は電話サポート

大手3大キャリアは実店舗で契約する事が一般的ですが、数社ある格安sim の業者はインターネットで契約し郵送でsimカードが送られてきて、ご自身でカードの交換をします。

この時に電話サポートのサービスを利用し電話でオペレーターからやり方を聞きながら進めるとスムーズです。
格安simの業者のなかでも大手のYモバイルは実店舗を持っていて実店舗での契約購入も選べます。UQモバイルも実店舗が存在しますが、店舗数は少ないです。

格安simのメリット

料金の安さは魅力です。
それと過剰なサービスがないのもメリットといえるかもしれません。そこで、お得感を味わってもそれ以上に格安simにした方がお得です。

格安simのデメリット

通信速度が時間帯によって不安定です。通信が集中する時間帯で、速度が低下します。その時間帯は地域差があるようです。
UQはauの回線を利用していて、どの業者も大手3キャリアの回線を利用しています。

通信が集中する時間帯は大手キャリアが優先して利用して空いている部分を使っているのでどうしても速度が落ちます。

まとめ

UQだけに留まらず、格安sim全社に通じることですが、過剰なサービスより実際のお得感を味わい通信料金を少しでも押さえたい方にはお勧めします。
しかし多少の低料金より通信速度にこだわり、快適にスマホを使いたい方には大手3大キャリアの方が気持ちよく使えると思います。
ですが、使えない程通信速度が遅いわけでもなく、ご自身でインターネットによる設定などが苦にならない方なら一度、試してみる価値は十分にあるといえます。

最後までご覧いただきありがとうございます。












スポンサーリンク

スポンサーリンク

おうちで映画ざんまい

お気に入り商品あつめました

amazon


参加してます

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人
虹色ヒロ

虹色ヒロ

ご訪問ありがとうございます。 投稿数増やすようにがんばります。 よろしくお願いします!

-情報ステーション

© 2020 にじいろまじっく Powered by AFFINGER5