カー情報

ハコスカとは 「ニッサン スカイライン キャッチコピーと愛称の歴史」

出典:Wikipedia

ハコスカとは

1968年8月にニッサンから登場した3代目スカイラインのことです。
セダン(4ドア)、エステート(ワゴン)、バン(商用)の3種類の形状が用意されていました。

2020年8月のニッサンのコマーシャルで木村拓哉が今までの矢沢栄吉からイメージキャラクターに代わり、往年のニッサンの名車で走るシーンの一番目に登場するシーンを目にした方が多くいると思いますが、若い方などは車名も知らない方がいてもおかしくありませんね。

今回は名車と言われるスカイラインのきっかけになったこの3代目スカイライン、通称「ハコスカ」から始まったスカイラインの相性の歴史をご紹介します。

スカイラインのキャッチコピーと相性の歴史

冨士精密工業が1957年4月にスカイライン(ALSI-1型)として製造を開始。冨士精密工業はのちにプリンス自動車と社名を変えます。
排気量は1500ccでした。

1966年にプリンス自動車と日産自動車が合併しますが、スカイラインの車名は継続されました。
2代目から7代目の途中まではカタログやコマーシャルにも登場したことのある桜井眞一郎が主管として20年以上設計担当をしていました。

3代目のC10型から8代目のR32型まではコマーシャルに使われたキャッチコピーなどから相性で呼ばれていました。それほどの人気車種だったんですね。

・1966年 3代目C10   ハコスカ

出典:Wikipedia

4代目の「ケンメリ」が登場してから、改めてハコスカと呼ばれるようになります。流線型のケンメリと対比して四角く角ばった、3代目を箱型スカイライン、ハコスカと呼ばれるようになったのでした。
「愛のスカイライン」のキャッチフレーズも生まれました。

・1972年 4代目C110型 ケンメリ

出典:Wikipedia

コマーシャルに登場する「ケンとメリーのスカイライン」からきています。「愛のスカイライン」からの発展したないようで、若い男女がスカイラインで旅をする内容でこの男女の名前が「ケン」と「メリー」です。Tシャツなどのグッズもヒットしました。

・1977年 5代目C210型 ジャパン

出典:Wikipedia

コマーシャル「日本の風土が生んだ名車」のキャッチコピー「SKYLINE JAPAN」からきています。

・1981年 6代目R30型  ニューマンスカイライン、鉄仮面(グレードRSの後記型)、NEW愛のスカイライン「前期)

出典:Wikipedia

CMキャラクターに起用された俳優「ポール・ニューマン」からきています。
発売直後に直列4気筒4バルブDOHCの「FJ20E型」エンジンを搭載した「2000RS」を追加します。

歴代スカイラインは4気筒が主流で上級バージョンが直列6気筒さらに直列6気筒4バルブDOHCの「S20型」エンジンを搭載した「GT-R」が存在しましたが、今回は4気筒なのでGT-Rの名称は使っていません。「史上最強のスカイライン」のキャッチコピーを使っていました。
このグレードの後記型はフロントフェイスがグリルレスになり「鉄仮面」という愛称で親しまれました。

「ケンメリ」も「鉄仮面」もメーカーが意図したものより市場から自然発生した相性の方が世間には浸透するようですね。

・1985年 7代目R31型 7th(セブンス)、都市工学スカイライン

出典:Wikipedia

・1989年 8代目R32型 超感覚スカイライン

出典:Wikipedia

・1993年 9代目R33型 本流グランドツーリングカー

出典:Wikipedia

・1998年 10代目R34型 ドライビングボディ、ボディは力だ。

出典:Wikipedia

*11代目からは第2世代となりエンジンも直6からV6へ変更されました。

 

まとめ

スカイラインの歴史は長くメカニズムなども含めて紹介するとかなりのボリュームになります。
今回はハコスカから始まる直6エンジンを積んだ第1世代の愛称、キャッチコピーをまとめてみました。

メーカーが考えたキャッチコピーより世間から自然発生的につけられた愛称で親しまれていることが改めてわかりました。それだけかつてのスカイラインは人気車種だったことがわかります。
また愛称で親しまれるような車種が販売されることを期待したいです。

最後までご覧いただき ありがとうございました。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

おうちで映画ざんまい

お気に入り商品あつめました

amazon


参加してます

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人
虹色ヒロ

虹色ヒロ

ご訪問ありがとうございます。 投稿数増やすようにがんばります。 よろしくお願いします!

-カー情報

© 2020 にじいろまじっく Powered by AFFINGER5