スポンサーリンク

フォトグラフ

めだかの尾ぐされ病対策

スポンサーリンク

発病は?

もうだいぶ前になりますが、数匹いるメダカのうちの一匹の尾が短い事に気づきました。
飼い始めてまだ2ヶ月のうち、もらった稚魚の半数程だめになったので、尾が短いくらいそんなに重大に考えていませんでした。元気に泳いでいたのに明くる朝、急に底に横たわっていたりして、何が原因かわからないけれど体の小さい固体は弱いみたいです。
最初、黒メダカを4匹もらい追加で8匹もらったのですが、現在は3匹しか残っていません。さらに最近ショップで紅ほっぺを4匹増やしましたが、1匹すぐにだめになりました。
その尾が短い子は病気という考えもなく育てていたのですが、それからかなり生きました。泳ぎ方はおかしかったです。しかし徐々に短い尾っぽの周りが白くなっている事に気づきそして悪化していることにやっと気づいてインターネットで調べて「塩浴」といって隔離して塩分を加えた水で育てるといいと知り、早速やりました。

塩浴とは

調べた文献により違いがあるのですが、安全な濃度としてとは0.3~0.5%の塩分濃度で行います。水1ℓに対して塩3g~5gを使います。
隔離したので尾っぽの状態が良く見えます。状態がかなりひどく、塩浴は体内に入りこんだ菌にはきかないそうなので、これはもっといいやり方を行う必要があると思い薬浴をしてみようと思いました。

薬浴とは


メチレンブルーかグリーンFを使います。メチレンブルーよりもグリーンFが良くグリーンFゴールドという製品が評判が良かったので通販で購入する予定にしました。その日は私は休日で嫁が帰ってきてその事を話すと、急いだ方がいいから今から買いに行こうという事になり近所のペットショップへ在庫があるか確認の電話をかけて、出発しました。
製品を購入しすぐに帰りました。
家に帰り、嫁が見てみると動いていましたが、この製品は顆粒状で、水で希釈して準備して希釈液を作らなければ使えません。
2g×2包はいっていて2gで60ℓ分です。インターネットで効率のいい作り方を調べました。まず1/2包で300cc作った濃縮駅を作り1L必要な場合はその濃縮駅を10cc使うというやり方です。そこで時間がかかりました。
やっと完成してメダカを見てみるともう動いていませんでした。
少し遅かった。
ベストは尾が短いとわかった時点で塩浴、薬浴していればと思うと残念です。

まとめ

頑張ったメダカは動いている時に写真に収めてなかったので、画像はありません。
グリーンFゴールドを常に常備しているアクアリストもいるそうです。
今回のメダカの頑張りを無駄にせずこの件を教訓にして、これからは、異常を見つけたらすぐに対処するようにします。
今回この記事を書くか迷いました。成功していないからです。しかし自分のように初心者の方がたまたまこの記事を読み、救える命が一つでもある可能性があると思い記事にしました。


最後までごらんいただき ありがとうございます。

ランキングに参加してます。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
アバター

tamahiro7

ご訪問 ありがとうございます。 ブロガー初心者のおじさんです。 よろしくお願いします。(╹◡╹)

-フォトグラフ

© 2020 nijiiromagic Powered by AFFINGER5