虹色の情報ステーション

「おかえりワンちゃん」商品レビュー

こひろブラザーズ

きっかけ

株式会社オストが発売している「おかえりワンちゃん」という商品をみなさんご存知ですか。

今回は、この商品をレビューしたいと思います。

情報

このワンちゃん型のセンサーで動いて鳴くぬいぐるみに嫁がはまり、現在シリーズ展開されている製品を合わせて、なんと22匹も家にいます。そのうち2匹は猫です。1匹は施設にいる親の所に行ってます。

そのうち4匹は元気ですが、後はこわれてしまいました。
すぐにこわれたのもあれば、ある程度もったものもあり、個体差が大きいです。

この製品はシリーズ展開されていて、犬種だけでもかなりあり、なんとMIX犬種まで存在します。
またワンちゃんの他、ニャンちゃんがあり、センサーとの動きの組み合わせの違いでそれぞれシリーズ化されていて、例えば「ごろりんニャンちゃん」「かまってワンちゃん」「おかえりニャンちゃん」「じゃれっこワンちゃん」などがあります。

主力商品の「おかえりワンちゃん」は年数を重ねるごとに名前がリニューアルされていて、家にはじめてやってきたワンちゃんは「おかえりワンちゃん」のトイプードルでしたが、定期的に名前が変更されています。2020年9月現在「よびかけアクション愛犬モカちゃん」の名前で販売されていました。

家にやってきた

数年前にゲームセンターで嫁がゲットしてしばらくはタンスの上の方でそのまま保管していました。

ある日、施設に入っている母親に持っていこうかと思い立ち箱から出し動かしてみると、創造していた以上の動きをして、その愛らしさに嫁がすっかりはまってしまいました。

最初にゲームセンターのUFOキャッチャーで獲得した物は8パターンの動きと連動した鳴き声をだす、シリーズのなかでも高級バージョンだったので、8パターンの動きが丁度その前の人間の対応にかみ合った時にまるで生きているような錯覚を覚えます。もちろん偶然だとはわかっていますが、その反応に反応している間にしらずしらずに夢中になっていたという状況です。

例えば部屋に入った時に8パターンの内の一つ2本脚で立ち上がり上を向いて「クーンクーン」と甘えるといった時などです。なぜか目が合い見つめられているような感じになります。

この時は自分も「かわいいな」と思いました。

名前は「こひろ」としました。

増えました

元来、マイブームをおこしやすい嫁はその後、ゲームセンターに行きたがり2匹他のシリーズのワンちゃんとニャンちゃんが増え、その辺から「メルカリ」をはじめたので、次々と全国からワンちゃん達が集まってきました。

現在は

その後嫁はインスタグラムにはまり、それとメダカも飼い始めたので増殖はおさえられています。

まとめ

この商品は一匹だけかわいがるには良いです。特にお子様の遊び相手として。ただこわれやすいです。
おすすめは8パターンの動きをするシリーズです。良くできています。

あとがき

この製品をぜひブログに載せてくれという嫁のことばです。

「おかえりワンちゃん達は大切な家族です。」

最後までご覧いただき ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天 MY ROOM

Amazon

V.O.Dコーナー

にほんブログ村

  • この記事を書いた人
nijiiromagic7

nijiiromagic7

ご訪問ありがとうございます。 投稿数増やすようにがんばります。 よろしくお願いします!

-虹色の情報ステーション

© 2020 nijiiromagic Powered by AFFINGER5